TOP > 学校概要 > 校長挨拶

校長挨拶

校长 张 述洲

校长致辞

神户中华同文学校
校长  张 述洲


  神户中华同文学校自1899年创建以来,致力于华侨华人子弟的教育,培养了数以万计的毕业生,如今,她已经走过了一百多年的历程。
  我校座落在美丽的海滨城市神户的诹访山麓,校舍北依六甲群山,南临濑户内海,环境幽雅、空气清新、地理位置优越、交通十分方便。
  在上个世纪前半的战争年代,我校同样经历了腥风苦雨、举步维艰的岁月,全体师生在各界的支持下,努力前进,直到1972年中日两国建交之后,才迎来了和煦的春天。我们深深感到,海外华侨华人的处境与祖国的国际地位是息息相关的。
  近年来,随着中国国际地位的提高,汉语的重要性也日益显著。为此,通过华文教育,同时学好中国的历史、地理等文化知识,培养学生成为对社会、对中日友好事业有所贡献的人才是我们义不容辞的责任。
  我校的校训为“团结友爱、互敬互助”。我们在学校生活中尤其重视对学生“讲礼貌”、“爱劳动”等品行的养成,培养华侨华人子弟作为中华民族炎黄子孙的自豪感。
  我校是一所全日制的学校,是日本最大的、也是历史最悠久的华侨学校之一。学生们在我校完成了中、小学九年一贯制的学习任务之后,全部升入日本高中。高中毕业后,有的参加工作,有的升入大学深造。毕业生们大多就职于日本的各个领域,其中,因精通中、日、英三种语言而活跃在中国和海外的学生日趋增多。
  华侨华人的教育事业任重道远,神户中华同文学校百余年的历史告诉我们,老前辈“勤俭节约、热心公益”的崇高品德;“有钱出钱、有力出力”的优良传统是我们建校办学的精髓。在社会发展、时代进步的今天,只有满怀崇敬之心,本着“继承同文优良传统,紧跟时代作育人才”的理念,遵循本校的教育宗旨,不断开拓进取,才能发展壮大华侨华人的教育事业。
  我们深知在前进的道路上,离不开各位的指导与帮助。我们衷心地祈望各位继续给予大力的支持与合作。


校長あいさつ

神戸中華同文学校
校長  張 述洲


 神戸中華同文学校は1899年の創設以来、日本に在住する華僑・華人子弟の教育事業に力を注ぎ、今日に至る百十年以上の歴史の歩みの中で、万を上回る数の卒業生を送り出してきました。
 本校は、美しい港湾都市である神戸の諏訪山山麓にあり、校舎の北には六甲山系が連なり、南には瀬戸内海を望めます。すがすがしい空気、静かな落ち着いた環境、また、交通の便も良く、そんな地理的に恵まれた場所に本校は建てられました。
 二十世紀前半の戦中、戦後においては、本校も、過酷な歳月を経ることになり、その苦しい道のりを、各界のご支持を賜りながら努力、前進してまいりました。1972年に中日両国間の国交回復が成り、ようやく暖かい春を迎えることが出来ました。海外在住華僑の境遇は、祖国の国際的地位と密接な関係があることを、私共は強く感じるのでした。
 近年、中国の国際的地位の向上にともない、中国語の重要性もさらに高まりました。華文教育を通じて、中国の歴史や地理などの文化的な知識も学び、やがては、社会に、そして、中日友好に貢献できる人材を育成することが私共の担うべき責任です。
 本校の校訓は「団結友愛、互敬互助――友愛の精神をもって団結し、互いに敬い互いに助け合う」です。日常の学校生活の中では、特に、「礼儀を重んじる」・「勤労精神を養う」など、道徳・品行面での教育を重視し、華僑・華人子弟を、自らが中華民族・中国人であると自覚し誇りに思えるよう、育成することを教育方針としております。
 本校は全日制の学校で、日本では、規模の最も大きな、歴史の最も長い華僑学校の一つです。生徒は小・中九年一貫制の学業を終え、卒業して、全員が日本の高校に進学します。高校卒業後、ある者は就職し、ある者は大学に進みます。その後、その大半は日本の各分野に就職します。中には、三か国語――中国語・日本語・英語に精通し、中国や海外で活躍する者もいます。
 華僑・華人の教育事業は責任が重く、その道のりはまだまだ長くつづきます。神戸中華同文学校の百年を超える歴史は、私たちに、大先輩方の「勤勉倹約して、公共の利益のために情熱を向ける」ことを尊ぶ崇高な品性と、「有銭出銭、有力出力――お金のある人はお金を出そう、力のある人は力を出そう」という優れた伝統が、本校建学以来の真髄であると教えてくれます。社会が日々発展し、時代が刻々と進歩する今日にあって、ただ、心には崇敬の念を抱き、「同文の優れた伝統を受け継ぎ、時代に合った人材を育てる」という考えを基に、本校の教育理念に従い、絶え間なく開拓と向上をしつづけてこそ、壮大なる華僑・華人子弟の教育事業をさらに発展させて行けるのです。
 私共がこれからの前途を歩んでいくにあたり、皆様方のご指導とご協力がぜひとも必要です。今後とも引き続き大いなるご支持とご協力を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。


上へ戻る